京都のフロアクリーニング・ワックスならテクニカルメンテナンス京都

床面洗浄・ワックス塗布とは

日々の日常清掃では落としきれない床面表面に付着した汚れや固着物を汚れの種類や表面の劣化状況に応じて専用の機材を用いて取り除き、新しくワックスの層を重ねる作業のことをいいます。

床面洗浄・ワックス塗布のお悩み

定期的に床洗浄ワックス掛けをしているのに床の黒ずみや黄変がきになる・・・。
剥離清掃のコストを下げたい・・・。
何年も洗浄をしていないが綺麗にしてほしい・・・。

テクニカルメンテナンス京都の床面洗浄・ワックス塗布

床面表面のゴミやホコリをダスターモップなどで除去したのち、ポリッシャーなどを使用し細かなキズなどにより劣化したワックス表面を平滑にし、新しくワックスを塗布します。
床はダメージを受けやすく、これを防止するためにワックスがけを行います。土足により持ち込まれた細かな土砂や、靴によりできた細かいキズやスカッフ、ヒールマークを除去し、表面を平滑にし、ワックスを塗布することで、美しい光沢を取り戻します。

床面洗浄・ワックス塗布をするメリット

メリット1:床材の保護
Pタイルや塩化ビニールシートは比較的耐久性を持った床材になりますが、時間の経過と共に劣化していきます。
そういった時にワックスの皮膜が1枚あるのとないのでは大きく違ってきます。ワックス塗布することで床材に対して保護する役割を果たしてくれます。
メリット2:光沢を復元し美観を維持する
ワックスは塗布する前にしっかり表面の汚れを除去します。そうする事で美観を回復させ、その後ワックスを塗布します。ワックスを塗布する事で光沢を生み出し見栄えのいい状態にすることができます。
メリット3:日々の清掃が楽になる
床面のモップ掛けをしようとすると、引っかかって思うようにモップが進まない、綺麗に掃除が出来ない。といった経験はありませんか?
床面には目に見えない小さな凹凸がある事で摩擦が発生します。その摩擦がある事でモップがけなどの作業が大変やりにくくなります。
ワックスを塗布する事で摩擦の発生を抑え、モップの滑りを良くし、円滑に日々のお掃除が出来ます。

床面洗浄・ワックス塗布の事例

事例①
他業者では剥離洗浄と言われ高額でしたがテクニカルメンテナンス京都さんでは剥離剤とは別の特殊な洗剤を使用して価格も安く助かりました!
事例②
トイレだけの依頼でしたが快く受けてくださりありがとうございます!
便器や洗面も綺麗になって見違えるほどでした。
ご相談・現地調査は完全無料

サービスの流れ

お問い合わせ

事前調査・ヒアリング

お見積り・ご提案

ご契約

対応エリア

対応エリア

京都府

京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市 / 木津川市 / 大山崎町 / 久御山町 / 井手町 / 宇治田原町 / 笠置町 / 和束町 / 精華町 / 南山城村 / 京丹波町 / 伊根町 / 与謝野町

滋賀県

高島市 / 長浜市 / 米原市 / 彦根市 / 近江八幡市 / 東近江市 / 日野町 / 竜王町 / 愛荘町 / 豊郷町 / 甲良町 / 多賀町 / 大津市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 甲賀市 / 野洲市 / 湖南市

床面洗浄・ワックス塗布について Q&A

床洗浄・ワックス掛け・ワックス剥離には、それぞれどの程度の時間がかかるのでしょうか?
どの作業も作業規模や床の材質・床の汚れ具合・塗られているワックスの層の数など、様々な要因によって作業所要時間が変わってきますので、一概には申し上げることが出来ません。
お客様が作業時間の調整をご希望の場合は、人員を増員して調整することも可能です。お気軽にご相談ください。
床洗浄・ワックス掛け・ワックス剥離を行わなかった場合のデメリットとは何があるのでしょうか?
ワックスがけを行わないデメリットですが、ワックスがけを行わなければ、日頃の人の歩行で床が直接擦り減り、物を落とした際なども床に直接傷がつき、劣化が早まり、見た目も悪くなってしまいます。
また、ワックスがけをする際はしっかりと床洗浄を行わなければ、床の汚れの上から汚れを閉じ込めることになってしまいます。
更に、ワックスの剥離作業も定期的に行わなければ、古くなったワックスが積み重なった層になり、床の見栄えが悪く見えてしまうため、定期的なワックスの剥離作業が必要になります。
床洗浄・ワックスがけ・ワックス剥離はどの程度の頻度で行えばよいのでしょうか?
床の使用頻度などの環境や、「床の美しさを優先するか」などの目的にもよりますが、床洗浄・ワックスがけは、3ヶ月~半年に1回程度の頻度で行うのが良いです。
ご相談・現地調査は完全無料

最新コンテンツ